いや、今日は朝から不規則だったのでほんとに何かするには中途半端で暇で暇で・・・
今日はどうしようもないので記事でも書くしかないかなと。

今合戦は織田家に参加です。劣勢陣の方が対人楽しめるし、マッチングとかあんまり気にしなくてよさそう!という雰囲気がするので、そういうところに顔を出すことが多いです。相変わらず相手がドリームチームです。

それに対して、うちの里はいわゆる「キワモノ・イロモノ」と一部の人に揶揄される程度にはクセのある子が多いらしいので、その意味で対戦される相手の方も楽しんでもらえたらな~とは、ちょっと思います^^;

自分では真面目なつもりなんですが。

今回のテーマは【山にも顔出してみよう】です。
えいニャンはじめ、だんだんとクライマーの人材(猫材かな?)も育成して、山登りの準備をしてきたつもりです。




その甲斐あってか

山!!!

山!

とまぁ、何回か対人で10連勝できる程度の実力にはなってきました!ナガカッタ!
ちなみにデッキはこんな感じ。

山2
このデッキでの強みは
・強い地武将で話題の極藤堂たかドラに多少の耐性があること。
・ボンベイで逆転サヨナラホームランが狙える可能性があること。
・術&物理のバランスデッキの体裁が一応整っていること。
・えいニャンがかわいいこと(NEW)
という感じでしょうか。

実例を一つ

孫子
からの
孫子2
からの
孫子3
注文どおりで
孫子4
この一連の流れ。

行動順がハマれば、相手が地武将ということもあり策士等ついてなくてもほぼ弱体までこぎつけられると思います。物理攻撃特技であるが故の対策の一手というところでしょうか。孫子のターゲットにもなりやすいです。乱世には有効打にはなりませんが、最近の策強化の効果は凶悪なので、策弱体の効果は地味に助かります。

ちょっと極竹中見直すチャンスかも??なんて。


ちなみに、えいニャンの鉄盾の効果の検証はまだですが、どうなんでしょうかねw地味に美貌とかの効果が入ってきたりなんだりで、同一条件での検証が難航してます。メンドクサイ( ´◔∀◔`)
それに、多分どこかの情報サイトとかにすでにのっかってると思うので、わかりやすいのが確認できたら記事にしてみよっかなってくらいに考えてます。



ちなみのちなみに、現状
陰陽道+うわばみ+二兵衛で2760くらいのダメージまで確認してます。
左文字同様高火力ロマン主義派としては疼くものがありますね!

もう一個のデッキはこんな感じ。

山1
最初のデッキの弱点が
・物理速攻に対して滅法弱い
というのがあったので、苦肉の策ではありますが、大将に茶壷持ちを入れて対抗しました。
どちらかというと術デッキですが、今度は宝半兵衛で挑発&物理攻撃の目を作ったことに加えて、お袋様でその火力を補強する目的も考慮(したつもりです)。

※Tips
ちなみに挑発入っても条件付き特技等の場合、必ずしも挑発してきた武将を最優先に攻撃するわけではなさそう(宗三左文字とか)なので、ボンベイもよく挑発受けても別の子を狙ったりすることがあります。強みっちゃあ強みになるのかな。



負けるときは良く負けてますが、今回の合戦で山も平原も同じくらい楽しめるようになりました。
うちの里はなんてったってイロモノ揃いなので(だからこそ愛着がわく部分もあるのかも)、試してみたいデッキはいっぱいあります( ´◔∀◔`)